財団法人極真奨学会 極真館 城南品川支部 有明同好会

こんなお教室です

幼年・少年・老若男女問わず、親子で一緒に稽古が出来ます!
近年、青少年育成に武道が見直されています!

日本で唯一、兄弟で現役の全日本チャンピオン及び世界ランカーの直接指導が受けられるのは「有明同好会」だけです。

更に、豊富な海外交流で培った経験を基に、独自の指導方法を取り入れ、個人のレベルにあった稽古をしております。
英語・ロシア語でも対応可能。

基本情報

教室名 財団法人極真奨学会 極真館 城南品川支部 有明同好会
場所 東京都江東区有明2-10-1
日時

毎週土曜日18:30~20:00

月謝

小・中・高校生・一般:一律5,400円

その他費用

入門金:4,320円 大人:5,400円(空手着及びサポーター代等別途)

URL http://www.kyokushinkan-jyonan.com/ariake/ariake.html
設立日 2013年7月

先生のご紹介

名前 藤井脩祐・藤井将貴
紹介

中学2年生の時に、当時の極真会館(松井派)城南川崎支部大井町道場に弟の藤井将貴(第8回全日本重量級王者・2013-2014年 全日本争覇戦王者)と共に入門。
中学卒業後、オーストラリア、クイーンズランド州の高校へ留学する。
キャメロン・クイーン師範(元・極真会館オーストラリア支部長)のもとで内弟子として極真空手の修行を続ける。

高校卒業後、日本へ帰国したが留学中に所属していた名門、城南川崎支部が極真会館(松井派)を離脱していたため、
その新たな組織となった極真館城南大井町支部へ復帰する。

留学中は、渡欧して間もなく、15歳でオーストラリアの一般の大人の大会へ出場し中量級で優勝を果たした。
その後に出場する全ての大会に於いて、常に優勝、準優勝と安定した実力発揮している。

2006年4月には20歳で第4回全日本ウエイト制の重量級で優勝し、同年11月の第4回全日本選手権大会では21歳と4日で優勝を果たした。

・2011年オープントーナメント全日本空手道選手権 89kg超級で優勝。
・2012年オープントーナメント全日本空手道選手権 89kg以下級、優勝及び争覇戦優勝。

☆藤井 将貴先生☆

小学校2年生の時に、当時の極真会館(松井派)城南川崎支部大井町道場に兄の藤井脩祐(極真館、全日本王者)と共に入門。
全日本青少年大会に於いて、高校1・2年生の時に2年連続で準優勝。そして3年生の時に悲願の優勝を遂げた。

2009年、高校卒業後ニュージーランドへ留学。留学後の2010年5月15日にアマチュアながらニュージーランドのオークランドで開催されたプロの格闘イベント「XPLSION」に石井慧らと共に参戦し、スーパーヘビー級のK-1ルールの試合で初出場、初勝利を収めた。

2012全日本空手道選手権大会では、兄・脩祐が89kg以下級で優勝し兄弟で2階級を制覇。

・2014年 極真館 2014全日本空手道選手権大会 争覇戦2連覇で優勝(開催地:国立代々木競技場第二体育館)
・2013年 極真館 2013全日本空手道選手権大会 89kg超級優勝及び争覇戦優勝(開催地:国立代々木競技場第二体育館)
・2013年 2013KWU極真世界空手道選手権大会 +95kg級 準優勝(開催地:ブルガリア・ソフィア)

極真館で自分に負けない精神力を養い、有明同好会から世界に飛躍しよう!

地図

Medium

財団法人極真奨学会 極真館 城南品川支部 有明同好会

日々の活動 1 回


2015/02/09 11:59

今月号(平成27年3月号)の月刊誌「フルコンタクトkarate」の表紙を藤井指導員2人が掲載されました。
40ページほどの特集記事が載っておりますので、是非、ご購読下さい。