こんなお教室です

大分県大分市内6ヶ所、古国府・豊府・南大分・下郡・鴛野・西の台で空手と護身術の指導をしています。
下は3才からシニアは70才まで在籍しており、みんな一緒に稽古に励んでいます。
どなたでも、年令・性別・気持ち・性格に関係なく、楽しく学べます。
実戦護身空手道連盟として、信用ある大分市体育協会にも加盟している安心団体です。

基本情報

教室名 清心会
場所 大分県大分市
日時

月曜日19時~20時15分
水曜日18時30分~20時
金曜日19時~20時15分
金曜日20時30分~21時30分
土曜日13時30分~15時30分
土曜日17時~18時30分
日曜日10時30分〜13時

月謝

子供1500円(6ヶ月間)~

シェアクラ!限定特典 シェアクラ見たで、体験1ヵ月無料
設立日 2003年1月1日

先生のご紹介

名前 松本清治
紹介

大学在籍時、18才で、日本の空手有力団体である、糸東流熊本支部に入門(その後、糸東流熊本支部から私が退会後に、元極真会館熊本支部となる。)。
19才で初段、20才で二段、支部筆頭指導員を務めるが、大学卒業となり地元金融機関に就職し地元大分市に帰り激務となる。
2年後、大分支部開設前に、極真会館熊本支部長と、大分支部長からのお誘いがあり、2年間のブランクがあるが、糸東流2段位を捨て、白帯となり極真会館大分支部1番弟子として、仕事は激務ながら、睡眠時間を削り修業に励む。
26才で、極真会館大分支部の下になる分支部を自身で立ち上げ、極真会館大分支部佐賀関分支部長となるが、更に仕事が激務となり、自身の稽古どころか、分支部の指導にも支障をきたし、やむなく退会。
以降14年、空手とは関係ない生活をおくるが、43才で熾火の様に燻っていた、空手への思いから、空手道 清心会を設立、最大時は300人の会員となる。
紆余曲折を経て、現在は100名程の子供を中心にした指導をおこなっています。

地図

Medium

清心会

日々の活動 0 回